人生を思うとき

還暦を5年ほど経ちました。 同級生のなかには、既に亡くなったひとのうわさを聞く歳です。

仕事も定年退職したり、定年を延長された人もそろそろ終わりなるときです。

それこそ第二の人生の始まりです。

わたしは自営業を生業にしてきたので、定年がありません。

だから できなくなるまで仕事を続けるつもりなんですが、

ただ、昨今の時代変化と年齢から来る体力の衰退を隠すことができません。

特に鏡をみるとき、自分の老けをしみじみ感じ、

頭のてっぺんの薄毛は、もはや禿であると実感しています。

仕事の相手は(お客様)は若い人が多くなりましたので、

老人化を加速していくわたしをいつまで相手にしてくれるか

一抹の不安を感じますが、 でもね。そんなこと構っていたら

この少子高齢化の時代 生きていられませんよ。

爺には爺のやり方があり、経験は一つ武器であり、大きな財産でもあります。

もちろん、過去の経験だけではだめです。勘だけで商売すると大やけどします。

ハハハ・・・ というはまっかな嘘です。

ほとんど、勘ですけどね。  それでこのコロナ過を泳いでいます。 

自営業の唯一の特権 事業資金を低利でコロナ特別融資を受けています。

それで 助かったと思います。

 実はコロナ以前に既に業績はあまりよくなかったのです。

また少額のコロナ補助金も活用して、パソコン関係を充実させました。

今は70歳まで 今の現状をキープして進めていきたいと思います。

そのあとのことは、わかりません。

ロシアのウクライナ侵攻 中国の台湾?!アメリカのインフレ、デフレ?!

なにが起こるか? 私にも あなたにもわかりません。

未来のことは、わからないのです。

ただ、いまの仕事を続けていこうと思うのです。なんとか勘考して!

それ以上に仕事を降りてなにをしたらいいか解りません。

いつまでも社会との接点を持ち続けることが 近未来の年寄の生き方と

90歳になる私の母親を見てつくづく実感しています。

今、為替を勉強し始めています。 趣味も始めたいと思っています。

新しく始めること。 覚えてにくいけど新しい知識を取り入れること。

それが 新しい老人像だと思うんです。

人は、必ず死にます。

ウクライナで人殺しをしなくても・・・

プーチン大統領も死にます。習近平も死にます。

安部信三元総理のように

 あなたは、65歳からの人生をどう生きていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です